北海道旭川東高等学校 定時制

            ※ここは定時制のホームページです。全日制はこちらです。
 
あなたは、2014年3月19日のリニューアル後40250人目の来校者です。

北海道教育委員会から

☆小中学校の保護者の方へ


高等学校等就学支援金制度
  について

 

ジョブカフェ北海道


ジョブカフェ北海道は、
正規の就職を希望しながら
就職活動をしている
44歳以下の方
(学生を含む)が
様々な就職支援サービスを
無料で受けられる施設です。
 

平成29年度 学校教育目標・指導の重点

学校教育目標
  1 生命を尊び、互いの価値を認め、励まし合える人間関係を築く。
 2 広い視野に立ち、深く考えて行動できる力を養う。
 3 志を高く掲げ、たくましく生きる力を育てる。

1 重点目標
 -人間性豊かな生徒の育成を期して-
 (1) 基本的な生活習慣の確立に向けて、自ら努力する姿勢をもった生徒。
 (2) 学習への意欲を高め、進路目標の実現に向けて努力する生徒。
 (3) 心身ともに健全で、思いやりの心と感謝の気持ちで挨拶と笑顔のある生徒。

2 経営方針
 (1) 生徒・保護者・地域の期待に応えるための学校経営に努める。
 (2) 学校課題を明確化し、その解決に向けて全教職員の積極的な取組を推進する。
 (3) 生徒一人一人を生かすための教育相談と生徒理解に努める。
 (4) 集団生活の中で自分の役割が見いだせる取組を推進する。
 (5) 授業研究、研修により高校生として身に付けるべき知識の定着を図る。
 (6) 特別活動への意欲的な参加や生徒会活動等を通して、心の教育の充実を図る。

3 教育課程編成の方針
  (1) 学習指導要領の趣旨に則り、人間性豊かな生徒の育成を目指し、生徒の希望・地域の実態に
   即した教育課程を編成する。
  (2) 各教科・科目等については、学習目標を設定し、基礎・基本を確実に身に付けさせるとともに、
   社会の要請に応えた高校生としての学力が培われるよう編成する。
  (3) 特別活動については、自主的・実践的な態度を育成するとともに、心身の調和のとれた発達を
   図るように編成する。
 
4 指導上の重点事項
  〈学習指導〉
    研究や研修を通して、高校生が身に付けるべき知識の定着を図る。
     (1) 多様化する生徒に応じた適切な教育課程の編成に努める。
     (2) わかる授業の実施や個別指導の充実を通して、基礎的・基本的な知識の確実な定着に努める。
     (3) 指導内容・方法の工夫・改善に努め、学力の向上に努める。
     (4) 授業規律を徹底し、落ち着いて学習に取り組める環境の整備に努める。
     (5) 総合的な学習の時間等を通して、豊かな心の育成に努める。

 〈生徒指導〉
   全教職員が共通理解のもと、生徒理解に努め、責任と義務を果たしたけじめのある生活を送らせる。
    (1) 挨拶の励行、集会時のマナー等の基本的な生活習慣を身に付けさせる。
    (2) 生徒理解を深化し、生徒との心の触れ合いを基盤とした指導の充実に努める。
    (3) 教育相談の充実や教師のカウンセリング能力の向上を通して、特別な支援が必要な生徒に対す
         る指導の充実に努める。
    (4) 生徒会行事や各種委員会活動を通して自主性を伸ばし、行事への積極的な参加を促す。
 
 〈進路指導〉
    生徒一人一人の進路実現に向けて、進路意識の高揚を図る。
    (1) 生徒一人一人の能力・適性、進路希望等に応じた指導の充実に努める。
    (2) 進路意識の高揚を図り、早期の目標設定と進路実現に努める。
    (3) 的確な進路情報の提供、関係機関との連携の強化に努める。
 
  〈健康・安全指導〉
    健康・安全についての理解を深め、自他の生命を尊重する心と安全・環境意識の向上を図る。
    (1) HRや生徒会活動等の特別活動の充実を図り、部活動の活性化に努める。
    (2) 健全な食習慣を育成する給食指導の充実に努める。
    (3) 事故の未然防止に向けた取組を推進するとともに、早期発見・適切対応に努める。
    (4) 自他の生命を尊び、安全教育の強化・交通道徳の育成に努める。
    (5) 教職員の研修を深め、教育相談体制を充実させるとともに、関係機関と連携したメンタルヘルス
         活動の推進に努める。