北海道旭川東高等学校(全日制課程)へようこそ!!
 
 明治36年(1903年)の創立で、117年目を迎えました。卒業生は34,097名(平成31年3月時点)を数え、各界で活躍しています。生徒は、進路希望実現に向けて、日々努力を重ねています。
  今年度も、「地域医療を支える人づくりプロジェクト」の医進類型指定校となっております。保護者・地域の方々のご協力をいただきながら事業の推進を図ってまいります。
                                  定時制はこちらです。 
 
あなたは、2013年12月2日のリニューアル後574545番目の来校者です。

学校からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する対応について
 感染予防と拡大の防止に向けて、ご理解とご協力をお願いいたします。

●風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日間続くなどの症状が見られたときは、学校を休んでください。その際は必ず病院で受診されられますようお願いいたします。
●万が一「新型コロナウイルス」に感染していることが判明すれば、速やかに学校へ報告してください。
●うがい、手洗い、マスク着用、咳エチケットの励行など、各自で感染予防に努めてください。


「卒業式」ご出席予定の皆様へ

 会場内での感染予防として、マスクの着用を含む「咳エチケット」を心がけてください。また、発熱や咳など継続的な症状があり、感染が疑われる場合には医療機関を受診していただくとともに、ご出席についてはご遠慮いただくようお願い申し上げます。

 

北海道ふるさと応援事業

北海道立学校ふるさと応援事業

 北海道教育委員会では、ふるさと納税(寄付)制度を使って北海道立学校の教育活動を応援する制度を新設しました。 学校における本事業は広く道立学校の教育活動の充実に支援を求めるもので、本校も次の内容で事業計画を提示しています。本事業への周知とご支援についてよろしくお願いいたします。

◆北海道旭川東高等学校 事業計画
 旭川東高では、主体性・協働性を育む活動や多様化する入試方法に適した指導が必要であることから、その対策として、デジタルツールの活用を進めています。校内環境を整備し、生徒がICTを十分活用できる取組を進めます。
1  事業計画名
  「主体性・協働性を育む活動の充実」
2  事業内容
    学習支援や学校家庭の連携、21世紀型スキル習得の課題解決のため、主体的に学び合えるICTを十分に活用できる学習環境の整備
3  事業の必要性
    国際社会が求めている課題解決に向けた能力・態度を育て、グローバル化社会の中でも通用する人材を育成するためには、先進的な教育ICTシステムを早急に構築し、よりICTを活用しやすい環境の確保が必要である。
4 具体的な整備内容 
  (1)WI-FI回線の環境整備    
  (2)プロジェクター等の整備  (3)4階コンピュータ室の冷暖房装置の設置      

本校の事業についてのQ&A.pdf
北海道立学校ふるさと応援事業リーフレット(表).pdf
北海道立学校ふるさと応援事業リーフレット(裏).pdf

本事業についての詳細は以下のURLをご覧ください。
  http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksk/furusato/ouen.htm

 

警察からの連絡

 平成29年5月31日から6月1日にかけて旭川東高校卒業生の名を使用して、卒業生の保護者に現金を振り込ませようとする行為が数件あったとの情報がありました。
 今後、このような請求があった場合には家族に連絡を取り確認するとともに、最寄りの警察に連絡するなど、詐欺の被害にあわないようご注意願います。
 

保護者の皆様方へのお願い

お子様の送迎で自家用車を使われる場合,事故防止のため校地内の駐車はご遠慮下さい。また本校付近の道路に駐停車する場合も、なるべく交通量の少ないところに停めるなど交通事情に十分配慮し一般の車両の迷惑にならないようご協力お願いします。
 

保健室からの連絡

インフルエンザ等、学校感染症に罹患した場合、左メニューの「保健室からの連絡」ページを開いてください。
 

北海道教育委員会から

 ☆小中学校の保護者の方へ
  

 ☆公立高校授業料無償化の
 見直しについてのお知らせ
 です。